TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔シドニー外為〕米ドル、112円台後半=豪ドルは86円台前半(1日午前8時半)

     【シドニー時事】1日のシドニー外国為替市場の円相場は現地時間午前8時半現在、1米ドル=112円75〜85銭(前日同時刻は112円70〜80銭)で取引された。トランプ米大統領の議会証言を控えて警戒ムードが強い中、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁の発言を受け、米ドルが買い戻されている。
 ニューヨーク市場では、米実質GDP(国内総生産)改定値が前期比1.9%増となり、市場予想の2.1%増下回ったため、111円台後半まで米ドル安・円高が進んでいた。ウィリアムズ総裁は3月利上げについて「可能性は十分ある」と説明。早期利上げ観測が再燃し、米ドル買いが入った。
 豪ドルやニュージーランド(NZ)ドルなど資源国通貨は軟調。豪ドルは、1豪ドル=0.7650〜7660米ドル(前日同時刻は0.7670〜7680米ドル)、対円は86円25〜35銭(同86円50〜60銭)で始まった。
 NZドルは、1NZドル=0.7185〜7195米ドル(同0.7190〜7200米ドル)、対円は81円00〜10銭(同81円05〜15銭)で取引された。
 ユーロは、1ユーロ=1.0575〜0585米ドル(同1.0580〜0590米ドル)、対円は119円20〜30銭(同119円30〜40銭)だった。
 この日は、昨年10〜12月の豪国内総生産(GDP)発表が控えている。7〜9月期は前期比0.5%減と5年半ぶりマイナスを記録。10〜12月期は0.7%増とプラス転換が予想されており、リセッション(景気後退)入りは回避される見通しだ。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!