TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、113円付近=FRB高官発言で反発(1日午前9時)

     1日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、FRB高官の早期利上げに前向きな発言を受けて、1ドル=113円付近に反発している。午前9時現在、113円09〜09銭と前日(午後5時、112円31〜31銭)比78銭のドル高・円安。
 前日の海外市場では、欧州時間から米国時間にかけてドル円は軟調に推移した。当初、112円30〜40銭前後で取引されたが、米株軟調や米金利低下などにより米国時間の終盤に一時112円を割り込んだ。その後、ニューヨーク連銀のダドリー総裁がCNNテレビで、「金融引き締めの必要性はより切迫している」と述べ、早期利上げの可能性を強調。ドル円は112円台後半に急反発した。東京市場の早朝は112円80銭前後で推移した後、午前9時に向けて強含みとなっている。
 ダドリー総裁の発言を受けて「FRBが3月に利上げする可能性が高まった」(FX業者)とされ、ドル円は一気に買い戻しが広がった。米長期金利も上昇し、ドル円は引き続く底堅く推移する見通し。ただ、昼前のトランプ米大統領の議会演説を控え、「積極的には動きにくい」(大手邦銀)とされる。同演説では、減税・インフラ投資で踏み込んだ発言があるか注目される。「具体策を欠くとドル円は失望売りが強まるが、米利上げ観測が下値を支える」(同)と見込まれる。
 ユーロは対円で上昇、対ドルは軟化。ドル買い・円売りの活発化でユーロ円は上昇。ユーロドルは水準を切り下げている。午前9時現在、1ユーロ=119円53〜54銭(前日午後5時、118円98〜99銭)、対ドルで1.0569〜0569ドル(同1.0594〜0594ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!