TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

○〔米株式〕ダウ大幅反発、2万1000ドル突破=取引途中の最高値も更新(1日午前)

     【ニューヨーク時事】1日午前のニューヨーク株式相場は、大型景気対策の推進を宣言したトランプ米大統領の議会演説を好感して大幅反発し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は2営業日ぶりに取引途中の史上最高値を更新した。午前10時10分現在は、前日終値比239.65ドル高の2万1051.89ドルと、2万1000ドルの節目も突破。また、ハイテク株中心のナスダック総合指数も6日ぶりに取引途中の最高値を更新し、同時刻現在は57.08ポイント高の5882.52で推移している。
 トランプ米大統領は前日夜、連邦議会で初の演説に臨み、1兆ドルのインフラ投資に向けた法整備を要望したほか、「歴史的な税制改革」を進めると宣言。市場は全体的には具体性に欠けるものの、経済成長促進に焦点を当てた政策実現を目指す方針が確認できたと好感している。
 また、大統領演説に先立ち、ニューヨーク連銀のダドリー総裁が「金融引き締めの必要性はより切迫している」と述べたほか、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁も3月利上げの「可能性は十分にある」と言明。これを受け、序盤は利ざや拡大が見込まれる金融大手などがけん引する形で積極的な買いが入っている。
 ダウ構成銘柄を見ると、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスなどに加え、設備投資の拡大観測をはやしてキャタピラー、ボーイングが大幅上伸。半面、インテルの下げがややきつい。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!