TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京株式〕大幅に3日続伸=米株高、円安で高値更新(2日前場)

     【第1部】日経平均株価は前日比250円08銭高の1万9643円62銭、東証株価指数(TOPIX)は18.46ポイント高の1571.55と、ともに大幅に3日続伸し、取引時間中の昨年来高値を更新した。トランプ米大統領の議会演説を好意的に受け止めた米株高や日米金利差の拡大観測を背景にした円安が好感された。出来高は12億2727万株。
 【第2部】堅調。シャープがにぎわい、森尾電は急伸した。半面、FDKは売られた。出来高1億0465万株。
 【外国株】高い。出来高30万7600株。
 ▽トランプ演説でリスクオン
 米国株式市場で1日、ダウ工業株30種平均が前日比300ドル超の大幅高となった。トランプ米大統領の議会演説が「感情的にならず落ち着いた雰囲気で、景気刺激策を遂行する方針が確認できた」(銀行系証券)と受け止められて世界の金融市場で安心感を誘い、投資家のリスクオン姿勢を促した格好だ。
 米国では2月のサプライ管理協会(ISM)が発表した製造業景況指数が市場予想を上回り、良好な景気動向が確認された。米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事が3月の利上げに前向きな姿勢を示したことも加わり、日米金利差の拡大観測からドル高・円安が進行。日本株にとっては好材料が相次いだ形となり、日経平均を力強く押し上げた。
 市場関係者からは、「終値で昨年来高値(1月4日の1万9594円16銭)を更新できれば、次の節目は2万円」(大手証券)と、強気の声が上がっていた。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!