TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、111円台半ば(3日正午)

     【ロンドン時事】週明け3日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、材料難の中で持ち高調整や実需の売り買いが散発的に出て、1ドル=111円台半ばでこう着状態となっている。正午現在は111円40〜50銭と、前週末午後4時(111円40〜50銭)比横ばい。
 円は東京市場の流れを引き継いで、111円50銭前後でスタート。米金利の低下を眺めながら若干強含み、午前10時過ぎには111円20銭台付近まで上昇した。ただ、その後は戻り売りが出て伸び悩み、朝方とほぼ同水準まで押し戻されている。市場関係者は「新たな四半期が始まったばかりなので、あまり動いていないという印象だ。どうしても売り買いしなければならない向きのフローが入ってる程度で、他は様子見だ」(邦銀筋)と話した。
 ユーロは弱含み。東京市場では欧州中央銀行(ECB)当局者の発言などを手掛かりに上昇したが、仏大統領選への警戒感が引き続き相場を圧迫している。対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.0650〜0660ドル(前週末午後4時は1.0690〜0700ドル)。対円では同118円70〜80銭(119円10〜20銭)。
 他の欧州通貨はポンドが1ポンド=1.2495〜2505ドル(1.2500〜2510ドル)と小甘い。小高く始まったが、英製造業購買担当者景況指数(PMI)の低下を受けて弱含んでいる。スイス・フランは1ドル=1.0025〜0035フラン(1.0005〜0015フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!