TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY金市況・詳報〕金現物、上伸も小動き=地政学的懸念が買いを支援(3日)

     【ニューヨーク・ロンドン・ロイターES=時事】3日の金現物相場は、地政学的な懸念を背景に上伸した。ただ、米国の金融政策に関する材料が乏しく、市場には今週の経済指標の内容を見極めたいとのムードも広がり、取引レンジは小幅だった。
 金現物は米東部時間午後2時15分(1815GMT)時点で、0.3%高の1オンス=1252.66ドル。レンジは1244.05〜1253.52ドル。
 トランプ米大統領が2日、対北朝鮮政策で中国の協力を得るため通商政策を利用する可能性に言及したことから、政治的な緊張感が高まり、金相場を押し上げた。
 6、7日の米中首脳会談で、トランプ大統領が通商分野における保護主義の立場をどの程度示すかについて、投資家が見極めようとする中、世界の株式相場は下落した。
 スタンダード・チャータードはリポートで「欧州の選挙や英国の欧州連合(EU)離脱交渉、トランプ大統領の外交政策によってリスク回避の投資が再燃する可能性もあるが、金相場は(上伸に向けて)障害がないわけではない」と指摘。「下げやすい現物市場や米国の今後の利上げにより、金相場は弱含み」との見方を示した。一方、ドル高は金現物相場にはほとんど響かなかった。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!