TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

○〔米株式〕NYダウ、続落=ロシア地下鉄爆発など嫌気(3日)☆差替

     【ニューヨーク時事】週明け3日のニューヨーク株式相場は、低調な米経済指標やロシアでの地下鉄爆発事件などを嫌気した売りに続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比13.01ドル安の2万0650.21ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は17.06ポイント安の5894.68で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前週末比5792万株減の9億2478万株。
 新規の手掛かり材料に欠ける中、この日のダウは小反発してスタート。しかしその後、米サプライ管理協会(ISM)が発表した3月の製造業景況指数が57.2と、前月の57.7から低下したことを受けて下げに転じた。
 さらに、ロシア・サンクトペテルブルクの地下鉄で爆発があり10人が死亡したとの報が伝わると、リスク回避の動きが加速。金利低下による利ざや縮小を嫌気して金融株が売られ、ダウは一時145ドル安まで下落した。
 ただ、税制改革などトランプ政権の経済政策への根強い期待を背景に下値を拾う動きも目立ち、ダウは午後にかけて下げ幅を縮めた。
 市場では「ISM製造業景況指数はそれほど悪い内容ではなかったが、最近の経済指標を踏まえ、もっと強い数字を期待した投資家が多かったのだろう」(日系証券)との指摘が聞かれた。
 個別銘柄(暫定値)では、デュポンが0.8%安、アメリカン・エキスプレスが0.7%安、シスコシステムズも0.7%安。キャタピラーも0.5%安となったほか、JPモルガン・チェースは0.4%安、ゴールドマン・サックスは0.3%安。時価総額でフォード・モーターを抜き、米自動車メーカーで2位となったテスラは7.3%高と買われた。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!