TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、110円台後半=買い戻しも限定的で上値重い(4日正午)

     4日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、売り優勢となった後の買い戻しは限定的で、1ドル=110円台後半で上値が重い。正午現在、110円66〜66銭と前日(午後5時、111円42〜42銭)比76銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、海外市場で売られた流れが続き、110円70銭前後で推移した。仲値前後は「まとまった売りが出た」(為替ブローカー)とされ、110円50銭前後に続落。その後は買い戻しが入ったが、110円60銭台にとどまっている。
 110円50銭前後は下値支持線と目され、おおむね同水準は維持されたが、ロシアのサンクトペテルブルクでの地下鉄爆破事件でリスクオフに傾斜した地合いは変わらず、「なお上値の重さが意識される状況」(同)という。目先は「特にドルを買う材料が見当たらない」(大手邦銀)とされ、110円50銭を大きく割り込むと「一段安になる恐れもある」(同)との声が聞かれる。
 ユーロ円も午前9時以降に続落後は買いが入ったが、戻りは鈍い。ユーロ円はおおむね横ばい圏。正午現在、1ユーロ=118円01〜01銭(前日午後5時、118円85〜86銭)、対ドルで1.0664〜0664ドル(同1.0666〜0667ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!