TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY金市況・詳報〕金現物、上伸=米政治の混乱で(19日)

     【ニューヨーク、ロンドン・ロイターES=時事】19日の金現物相場は上伸。米国での政治の混乱を背景にドルが軟調に推移していることから、安全資産としての金の魅力が増した。週ベースでの上げ幅は5週間ぶりの大きさ。
 金現物は米東部時間午後2時47分(1847GMT)時点で0.6%高の1オンス=1253.87ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月きりの清算値は0.06%高の1253.60ドル。
 ダンスケ銀行のアナリスト、イェンス・ペダーセン氏は「米国の政治的混乱がドルを押し下げている。これが金の支援材料となっている」と指摘。その上で、来週も金が上げ幅を維持するかどうかは不透明だと話した。
 トランプ米大統領は先週、コミー前連邦捜査局(FBI)長官を解任。政治的論争を招き、米司法省は17日、昨年の大統領選におけるロシア政府とトランプ陣営の関係を捜査するための特別検察官を任命した。
 今週は世界的に株価が小幅高となる一方で、ドル指数は週ベースで1年超ぶりの下落率を記録する見通し。
 コメルツバンクのアナリスト、カルステン・フリッチェ氏は「フランス大統領選の結果を受けて市場参加者は過度に楽観していたが、政治的リスクが再燃している」と発言。その上で「リスクセンチメントが大きな打撃となった」と語った。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!