TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔シカゴ穀物展望〕上値重いか=米中西部の天候とブラジルの政局注視(19日)

     【シカゴ時事】来週のシカゴ商品取引所(CBOT)の穀物先物相場は、強材料に乏しく、上値が重い地合いが続きそうだ。トウモロコシや大豆の作付けや、生育が進む米中西部の天候に加え、テメル大統領の汚職疑惑が浮上したブラジル政局の行方も焦点となる。
 米農務省が15日発表したクロップ・プログレス(14日現在)によると、トウモロコシの作付け進捗(しんちょく)率は前週比24ポイント上昇の71%となり、過去5年平均(70%)を上回った。大豆も18ポイント上昇の32%で、過去5年平均と同水準となった。
 作付けに対する懸念が後退したことで、今後は作柄状況に関心が移る。トウモロコシは今月末から、大豆は6月上旬から公表される見通し。米中西部は、降雨により土壌水分が例年より多めとみられ、生育への影響が注目される。
 ブラジルでは、テメル大統領の汚職疑惑により、通貨レアルが18日に急落。レアル安が続けば、ブラジル産大豆の輸出競争力が強まるため、米大豆にとっては弱材料となる。
 19日の清算値は次の通り。
 トウモロコシ7月物=前週末比1.50セント高の372.50セント、大豆7月物=10.00セント安の953.00セント、小麦7月物=2.50セント高の435.25セント (了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!