商品先物取引がよくわかるキーワード

用語集
委託
(いたく)
投資家が商品先物会社に注文して取引の約定を依頼すること。
委託玉
(いたくぎょく)
商品先物会社が投資家から委託を受けて売買注文を成立させた建玉。建玉
委託契約
(いたくけいやく)
商品先物会社と投資家との間で交わす取引の約定の依頼にかかる契約。商品取引契約ともいう。
委託者
(いたくしゃ)
商品先物会社に、商品取引所における取引の約定を依頼する者。
委託手数料
(いたくてすうりょう)
投資家が商品先物会社に取引を委託し、約定した際に支払う手数料。取引を決済した時に、新規分と仕切り分を一緒に支払うことになっている会社が多い。
板寄せ
(いたよせ)
セリ売買による単一約定値段により行なう売買約定方法のひとつ。大阪堂島商品取引所で採用されている。
一番限
(いちばんぎり)
各限月のうち、納会に一番近い限月のこと。期近(きぢか)。期近納会当限
一枚
(いちまい)
商品先物取引の売買の最小取引単位。
受け方
(うけかた)
商品の受渡決済で、対象の商品を受け取る人。買い方ともいう。渡し方
受渡し
(うけわたし)
商品先物取引の決済方法のひとつで、売り方は商品を、買い方は約定代金を提供して売買取引を終了すること。原則として納会日以降に行われる。
受渡供用品
(うけわたしきょうようひん)
商品先物市場で、受渡しにあたって、標準品に一定の格差を付けて売り方からの提供が認められている商品。供用品の範囲は取引所の業務規程に定められている。
受渡代金
(うけわたしだいきん)
受渡しに際して買い方が支払う代金。
受渡手数料
(うけわたしてすうりょう)
受渡しにより決済した際に支払う手数料。
押し目
(おしめ)
上昇トレンドにある相場が一時的に下がったとき、またはその下がってきた価格のこと。その価格で買うことを「押し目買い」という。
オシレーター
(おしれーたー)
相場の強弱を知るためのテクニカル指標の総称。1~100などの数値で示し、「買われすぎ」「売られすぎ」の判断材料にする。RSIやストキャスティクスなどがある。
終値
(おわりね)
ある取引セッションの最終取引価格。

制作協力:ダイヤモンド社

ページトップへ