TOP>マーケットニュース

マーケット情報

10月の注目は”ブラックアウト期間”~投資の学校(高井ひろえ)

    こんにちは、フィスコマーケットレポーター高井ひろえの「投資の学校の気になるレポート」です。投資の学校プレミアムの専属講師である戸松信博先生のコラムについて興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。本日ご紹介するコラムは、戸松先生が書かれた『10月の注目は”ブラックアウト期間”』という記事です。

戸松先生は今月の注目トピックとして米国の『ブラックアウト期間』を挙げています。

ブラックアウト期間という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃると思いますが、自社株買いが出来ない期間のことを指します。直近だと、『10月下旬に米国主要企業は第3四半期の決算発表を予定』しており、そして、『決算発表から5週間前はブラックアウト期間』となるとのことです。というのも、『決算発表まえに自社株買いをするとインサイダー取引に抵触する恐れがあり、それを防ぐための処置なのです』と話します。

そのため『必ずではありませんが、このブラックアウト期間は株価が下がる可能性があります』。『最終的な米国株の一番強い買い手は自社株買いなので(一旦買ったら売らないので)、その期間に悪いニュースフローが出ると株価は必然的に下がりやすくなるのです』と伝えます。

ただ、『下がったところはチャンスにもなり得ると考えるところです』と話します。なぜなら、『ブラックアウト期間が過ぎれば再び自社株買いができるようになるため、一度大きく下がった銘柄はもう一度上がる可能性があります』とのこと。

最後に、『10月は米国市場は大きく動く可能性があり、そのときは、日本にも少なからず影響を与えますので、注目していきましょう』と締めくくっています。

上記の記事の詳細コメントは、株式会社ファイナンシャルインテリジェンスが運営している「投資の学校プレミアム」の10月1日付のコラムである『10月の注目は”ブラックアウト期間”』にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

高井ひろえの「気になるレポート」は各種レポートを高井ひろえの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ



<HT>
提供:フィスコ

更新情報

商品取引高ランキング(2019年9月 月間)
Crown 2
白金(標準)
325,667枚
Crown 1
金(標準)
768,894枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
240,079枚
商品先物相場解説