TOP>マーケットニュース>今週のマーケット展望「週初の大幅安は不可避」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(高井ひろえ)

マーケットニュース

今週のマーケット展望「週初の大幅安は不可避」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(高井ひろえ)

    こんにちは、フィスコマーケットレポーター高井ひろえの「マネックス証券の気になるレポート」です。今週は米国で主要経済指標の発表が相次ぎます。注目していきましょう。さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、2月3日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず広木さんは、週明けの市場について、『週明けの東京市場は先週末のNY株式市場の急落を受けて全面安で始まりそうだ。春節の休場明けとなる上海株式市場はほぼ間違いなく大幅安となるだろうから、それを嫌気した売りも重なるだろう。』と予想しています。

日経平均については、『先週末のシカゴの日経平均先物は2万2710円で引けた。大証の終値対比420円安だが、週明けの日経平均は上海市場の影響も受けるだろうから500~600円安程度まで下げ幅を広げる恐れがある。一目均衡表の雲の下限が2万2700円なので雲の中でとどまれるかどうかがひとつの目処だ。』と示唆しています。

中国市場については、『春節の間も取引されていたシンガポール市場のFTSE中国A50指数先物は1月17日の高値から30日の安値まで13%下落している。中国が春節の休みに入る前、最後の取引の終値からは7.7%安。香港のハンセン指数は直近高値から安値まで9%超の下落。上海市場の値幅制限が上下10%ということを考えれば、上海総合は250~260ポイント程度の大幅下落になるかもしれない。』と分析しています。

今週の展望について『週初の大幅安は仕方ないとして、その後どこまで冷静になれるかがポイントだ。冷静になるというのは、例えば上海市場が上記のような大幅安になったとしても、それは「驚くこと」ではないからだ。むしろ当然のことだ。』とみています。

続けて、『上海株が大幅安にならなかったら、かえってそっちのほうが驚きである。であるなら、それに連れて日本株が売られるというのも、本来はおかしい。日本市場はすでに新型肺炎のニュースで大きく下げている。春節の間、他のアジア市場が休場のためヘッジ売りを一手に引き受けて売られた部分もあったという。ならば、本土の株式市場が開いて、そちらの株価が大きく下がっても本来、影響はないはずだろう。 むしろ中国株を売る際に日本株に出していたヘッジ売りを巻き戻すのが筋というものだ。』と述べています。

米国株相場の大幅安については、『これまで米国株が高止まりしていて、その分一気に調整したに過ぎない。ダウ平均の高値から先週末の下落率は3.7%で、日経平均の2万4000円台の年初来高値から先週末終値までの下落率と同等である。日経平均の直近安値2万2977円までの下落率は4.6%だからそこまで至っていない。 ダウ平均600ドル安と聞くと驚くが、アップル、ビザなど下落の大きい上位5銘柄でダウの600ドル安のほぼ半分を占める。IBMなどは大幅高となっており、全面安ではない。』と分析。続けて、『なによりVIX指数はまだ18台である。不安心理の高まりとされる目安は20だから、まだそれほどの波乱という域には達していない。』と冷静な判断を呼び掛けています。

今週は月初めということもあり、米国で重要経済指標の発表が相次ぎます。レポートでは、『経済指標では、ISM製造業景況指数、ADP雇用統計、ISM非製造業景況指数、そして週末には雇用統計が発表される。3日のアイオワ州の党員集会からいよいよ民主党の大統領候補者指名争いの幕開けである。ここでの選挙戦に力を入れてきたブティジェッジ氏がどこまで伸ばせるか、要注目である。今週の予想レンジは2万2500~2万3300円とする。』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

高井ひろえの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを高井ひろえの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ

<SI>
提供:フィスコ

更新情報

商品取引高ランキング(2019年12月 月間)
Crown 2
白金(標準)
277,469枚
Crown 1
金(標準)
505,199枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
215,054枚
商品先物相場解説