TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、111円台後半=連休控え小動き続く(2日正午)

     2日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、連休を控えて動きにくい中、1ドル=111円台後半で小動きの状態が続いている。正午現在、111円86〜86銭と前日(午後5時、111円84〜88銭)比02銭の小幅ドル高・円安。
 ドル円は早朝、111円80〜90銭で取引された。その後は上下に動きにくい展開となり、午前は111円90銭前後を中心とする狭いレンジでの取引にとどまった。日経平均株価は堅調となり、ドル円の支援要因となっているが、「連休を控えて積極的に動く向きは少なく、上値を追う状況にはない」(為替ブローカー)とされている。
 前日の米経済指標は低調だったが、ムニューシン米財務長官の超長期債発行を示唆する発言で米長期金利が上昇。結果的にドル円は買いが強まり、「足元のドルの地合いは底堅い」(大手邦銀)とみられる。もっとも、目先は112円が上値抵抗線となり、「連休を控えた本邦勢は上値をトライする状況にはない」(先のブローカー)という。
 ユーロも対円、対ドルで小動きとなっている。正午現在、1ユーロ=122円08〜08銭(前日午後5時、121円82〜83銭)、対ドルで1.0911〜0911ドル(同1.0890〜0890ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!