TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

○〔米株式〕NYダウ、横ばい=雇用統計控え様子見(3日)☆差替

     【ニューヨーク時事】3日のニューヨーク株式相場は、米雇用統計の発表を週末に控えて様子見姿勢が強まる中、ほぼ横ばいとなった。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比8.01ドル高の2万0957.90ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は22.82ポイント安の6072.55で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比996万株増の9億1885万株。
 アップルが前日引け後に発表した2017年1〜3月期決算は5四半期ぶりの増益となったものの、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の出荷台数が減少に転じ、売上高は市場予想に届かなかった。同社やサプライヤーの業績の先行きに対する懸念から、この日のダウは反落して始まり、午前中に一時75ドル安まで売られた。
 しかし、週末5日の米雇用統計の発表が近づく中、内容を見極めたいとの思惑から積極的な取引は手控えられ、ダウは小動きに終始した。米連邦準備制度理事会(FRB)がこの日の連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きを決めたことなども大方の予想通りで、株価への影響は限定的だった。
 市場では「地合いの強さから下値は堅く、アップル株も思ったほど下げなかった」(日系証券)との指摘があった。
 個別銘柄(暫定値)では、アップルが0.3%安となったほか、ウォルト・ディズニーが2.4%安、デュポンが1.2%安と下げた。米原油相場の上昇を受け、エネルギー株のシェブロンとエクソンモービルはそれぞれ1.4%高、0.8%高。1〜3月期に購読者数が大幅に伸びたニューヨーク・タイムズは12.6%高と急伸した一方、決算発表で買収・合併戦略について具体的な言及がなかったスプリントは14.3%安と失望売りが出た。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!