TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY外為〕円、112円台後半(3日)

     【ニューヨーク時事】3日のニューヨーク外国為替市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明で6月以降の追加利上げが示唆されたことから、円売り・ドル買いが進行し、円相場は1ドル=112円台後半に下落した。午後5時現在は112円72〜82銭と、前日同時刻(111円94銭〜112円04銭)比78銭の円安・ドル高。
 この日午後に発表されたFOMC声明では大方の予想通り、政策金利の据え置きが決定された。ただ、声明には「1〜3月期の成長鈍化は一時的とみられる」との文言が盛り込まれた。これを受けて、連邦準備制度理事会(FRB)が6月にも利上げに踏み切るのではないかとの観測が強まったことから、米長期金利が上昇。日米金利差の観点から円を売ってドルを買う動きが広がった。
 米民間雇用サービス会社オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が3日朝方に発表した4月の全米雇用報告は、非農業部門の民間就業者数(季節調整済み)が前月比17万7000人増となり、市場予想(ロイター通信調べ)の17万5000人増を上回った。また、米サプライ管理協会(ISM)が午前に公表した4月の非製造業景況指数(NMI)は57.5となり、市場予想(ロイター通信調べ)の55.8も上回った。これを受け、この日は朝方から円売り・ドル買いの流れが強まっていた。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.0880〜0890ドル(前日午後5時は1.0923〜0933ドル)、対円では同122円70〜80銭(同122円43〜53銭)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!