TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

○〔NY石油〕WTI大幅反落、45ドル台=5カ月ぶり安値(4日)☆差替

     【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、世界的な需給緩和懸念が広がったことから売り込まれ、大幅反落した。米国産標準油種WTIの6月物の清算値は前日比2.30ドル(4.81%)安の1バレル=45.52ドルと、中心限月ベースで昨年11月29日(45.23ドル)以来約5カ月ぶりの安値を付けた。
 原油相場は石油輸出国機構(OPEC)が11月30日に減産で合意したことなどで、おおむね50ドル台で安定的に推移していたが、この減産前の水準まで下げたことになる。12月10日にはOPECはロシアなどの非加盟国とも協調減産で合意していた。7月物の清算値は2.28ドル安の45.90ドル。
 米エネルギー情報局(EIA)が前日発表した週間在庫統計では、原油在庫が90バレル減と、取り崩し幅は市場予想(ロイター通信調べ)の230万バレル減を下回った。また、ガソリン在庫も小幅ながら増加していた。このため、米国内の需給緩和に対する警戒感が広がった。
 さらに複数のOPEC代表らがこの日、OPEC加盟・非加盟国は協調減産の延長では合意する公算が大きいとしながらも、減産規模の拡大など追加的な措置を講じる可能性に関しては否定的な見解を示したとの報も、原油売りに拍車を掛けたもようだ。OPEC加盟・非加盟国は25日の会合で、6月末に期限が切れる減産合意について協議し、半年間延長するかどうかなどについて判断を下すとみられている。
▽ガソリン=急反落。中心限月の6月物の清算値は5.26セント安の1ガロン=148.12セント。▽ヒーティングオイル=急反落。6月物の清算値は6.13セント安の1ガロン=141.23セント。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!