TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、112円台後半(8日正午)

     【ロンドン時事】週明け8日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、米長期金利の低下を眺めたドル売りに支えられ、1ドル=112円台後半で底堅く推移している。正午現在は112円55〜65銭と、前週末午後4時(112円60〜70銭)比05銭の円高・ドル安。
 この日のオセアニア、アジア市場では仏大統領選の結果を好感したリスク選好の円売り・ドル買いが活発化したが、欧州入り前には流れが一巡し、巻き戻しが出ている。米金利もロンドン時間早朝から低下基調で、円はじわりと上げ幅を広げる展開だ。
 邦銀関係者は「仏大統領選は事前の想定通りだったので、利食い売りが出ているのだろう」と指摘。ただ、「6月の米追加利上げの織り込みが8割近くに達しているので、ドルが強烈に売られる感じはしない。下がったところでドルを拾う向きもいるので、下がりにくい状況が続くのでは」との見方を示した。
 ユーロは軟調。海外市場では仏大統領選の結果判明を受けて買いが入ったが、欧州入り前から利食い売りに押されて弱含んでいる。対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.0945〜0955ドル(前週末午後4時は1.0980〜0990ドル)。対円では同123円25〜35銭(123円70〜80銭)。
 他の欧州通貨も重く、ポンドが1ポンド=1.2955〜2965ドル(1.2955〜2965ドル)と横ばい。スイス・フランは1ドル=0.9930〜9940フラン(0.9880〜9890フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!