TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY金市況・詳報〕金現物は小反発=7週間ぶり安値後、買い戻し(8日)

     【ニューヨーク、ロンドン・ロイターES=時事】週明け8日の金現物相場は小反発した。仏大統領選で欧州連合(EU)との協調を掲げる中道系独立候補のマクロン前経済相が当選したのを受け、リスク回避の動きが後退する中、金相場は一時、約7週間ぶり安値を付けた。ただ、その後は買い戻しが入り、プラスに転じた。
 金現物は米東部時間午後2時24分(1824GMT)時点で、0.01%高の1オンス=1227.77ドル。一時、100日移動平均をわずかながら上回る1224.86ドルと、3月17日以来の安値を付けた。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月きりの清算値は、0.02%高の1227.10ドル。
 金相場は先週、マクロン氏優勢の世論調査結果を受け、昨年11月以来の大幅な下落率となる3.2%安に沈んだ。
 ICBCスタンダードバンクのトム・ケンダル氏は「仏大統領選結果は大方予想されており、先週はかなりの手じまい売りが出た。現物への需要は根強く、相場が現在の水準近辺で支えられていることに驚きはない」と述べた。
 仏大統領選で政治リスクが取り除かれたことで、投資家の関心は再び欧米の金融政策正常化のペースに向かっている。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!