TOP>ニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、113円台後半=米長期金利上昇で2カ月ぶり水準(9日午後5時)

     9日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米長期金利の上昇を眺めて約2カ月ぶりとなる113円台後半まで上昇した。午後5時現在は、1ドル=113円63〜63銭と前日(午後5時、112円54〜55銭)比1円09銭の大幅ドル高・円安。
 ドル円は早朝、前日の米市場での水準を引き継ぎ113円10〜20銭台で推移した。午前9時すぎには国内輸入企業の買いに加え、黒田日銀総裁の「必要なら金融政策の調整もやぶさかではない」との国会答弁を受けて113円40銭近辺に浮上。その後はやや軟化し、午後にかけ113円10〜30銭の狭いレンジでもみ合った。終盤は米長期金利が2.4%付近まで上昇したことを受けて買いが優勢となり、113円70銭付近まで値を上げた。
 ドル円は、前日の欧米市場で節目とされた112円80銭を上回る水準を維持したことで、さらなる上昇も期待できそうだ。フランス大統領選でのマクロン氏勝利に加え、「韓国大統領選で北朝鮮に対し融和的な文在寅候補の当選が確実視されるため、朝鮮半島周辺で、当面軍事衝突が回避できそうなことも投資家に安心感を与えている」(FX会社)という。また、きょうの欧米市場では「114円台突破もあり得る」(別のFX会社)とされる。
 ユーロは終盤、対円で上昇、対ドルでもみ合い。午後5時現在は、1ユーロ=124円13〜13銭(前日午後5時、123円30〜31銭)、対ドルでは1.0923〜0924ドル(同、1.0956〜0956ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!