TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY石油〕WTI、3日ぶり反落(2日)

     【ニューヨーク時事】年明け2日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、英北海のフォーティーズ・パイプラインの稼働再開の報などを背景に3営業日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は前営業日比0.05ドル(0.08%)安の1バレル=60.37ドル。3月物の清算値は0.06ドル安の60.38ドルだった。
 先月11日から操業を停止していた英北海のフォーティーズ・パイプライン(通常輸送能力は日量45万バレル)の運営会社イネオスは30日、稼働を全面的に再開したと発表。先月26日に爆破されたリビアのパイプラインについて、リビア国営石油会社(NOC)傘下で送油管運営に当たるワハ・オイルの関係者らが週末に、修理が完了し操業が徐々に回復されつつあると言及したと伝わった。加えて、米国産シェールオイル増産の動きが続き、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産の効果が弱まるとの懸念が根強い。こうした中、原油相場は未明に一時60.74ドルまで上昇した後、利益確定とみられる売りに押されマイナス圏に沈んだ。
 ただ、下値はやや抑えられているもよう。イラン反政府デモの拡大を受けて、石油供給に混乱への警戒感が浮上しているほか、外国為替市場でドル安・ユーロ高基調が継続しドル建てで取引される商品の割安感が生じ、原油相場の下値を支えた。
 ▽ガソリン=反落。この日から中心限月が2月物となったが、中心限月ベースでの連騰は9営業日連続でストップ。2月物の清算値は3.27セント安の1ガロン=176.31セントとなった。
 ▽ヒーティングオイル=2月物に切り替わった中心限月ベースでは10営業日ぶりにマイナスとなった。2月物の清算値は0.97セント安の1ガロン=205.84セント。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!