TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、112円台後半(4日正午)

     【ロンドン時事】4日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、日本や欧州の株高を好感したリスク選好の円売り・ドル買いで、1ドル=112円台後半に軟化している。正午現在は112円55〜65銭と、前日午後4時(112円35〜45銭)比20銭の円安・ドル高。
 年始らしい閑散とした商いが続く中、ロンドン市場の円は小幅安の112円60銭近辺でスタート。朝方は売りが先行したが、調整的な買いも入り、こう着状態となっている。
 前日の米市場では12月の米ISM製造業景況指数が市場予想を上回ったことを受けてドル買いが活発化。円はこの流れを引き継ぎ、弱含みで推移している。市場関係者は「前日公表された米連邦準備制度理事会(FRB)の議事要旨では緩やかな利上げが適切という見方がコンセンサスだったが、株が値持ちしているのでドルが下支えされている」(邦銀筋)と指摘した。
 米雇用統計の発表をあすに控えていることも動きを鈍くしているもようだが、「良い内容だということは分かっているので、あまり材料視されないと思う」(同)との声も聞かれる。
 一方、前日に対ドルで売られた欧州通貨は買い戻しが優勢だ。ユーロの対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.2055〜2065ドル(前日午後4時は1.2020〜2030ドル)としっかり。対円では同135円75〜85銭(135円10〜20銭)。
 ポンドは1ポンド=1.3550〜3560ドル(1.3510〜3520ドル)と堅調。英サービス業購買担当者景況指数(PMI)の上昇も相場を支えている。スイス・フランは1ドル=0.9750〜9760フラン(0.9765〜9775フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!