TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン金属〕銅、反発(4日)

     ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで87.00ドル高の7202.25ドル、3カ月物は91.50ドル高の7250.50ドルと、それぞれ反発した。カーブ取引は7188.00〜7189.00ドルの気配値で引けた。
 サクデン・フィナンシャルは非鉄リポートで「銅はレンジ取引だった。7125〜7315ドルのレンジを上抜けるには新たな材料が必要だ」と指摘した。
 ▽アルミ=直物は11.50ドル安の2229.00ドル、3カ月物は7.25ドル安の2244.00ドルと、いずれも続落した。カーブ取引は22.00ドル高の2250.00ドル。
 ▽ニッケル=直物は147.50ドル高の1万2610.00ドル、3カ月物は147.50ドル高の1万2670.00ドルと、それぞれ反発した。カーブ取引は250.00ドル高の1万2650.00ドル。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は6.50ドル安の2572.50ドルと3営業日ぶりに反落し、3カ月物は6.25ドル高の2572.50ドルと3日続伸した。カーブ取引は8.00ドル高の2587.00ドル。
 亜鉛の直物は26.50ドル高の3376.75ドル、3カ月物は25.00ドル高の3355.50ドルと、それぞれ反発した。カーブ取引は35.50ドル高の3362.00ドル。ロイター通信は、亜鉛相場が在庫減少を背景に2007年8月以来10年余ぶり高値を付けたと伝えた。
 スズの直物は22.50ドル高の2万0062.50ドルと反発し、3カ月物は35.00ドル安の1万9912.50ドルと続落した。カーブ取引は50.00ドル安の1万9850.00ドル。(ロンドン時事)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!