TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY石油〕WTI、続伸(4日)

     【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、イランの政情不安や米原油在庫の減少を眺めて買われ、続伸した。米国産標準油種WTI2月物の清算値は前日比0.38ドル(0.62%)高の1バレル=62.01ドルと、中心限月としては2014年12月9日(63.82ドル)以来約3年1カ月ぶりの高値水準となった。3月物の清算値は0.35ドル高の61.90ドル。
 反政府デモの広がりでイラン産原油の供給に混乱が生じる可能性を警戒し、相場はこの日未明に一時62.21ドルまで上昇。ただ、この水準では利食い売りが誘われ、朝方にかけていったん横ばい水準まで値を削った。
 しかし、米エネルギー情報局(EIA)が在庫週報を発表すると、投資家の買い意欲が再燃。EIAによると、12月29日までの1週間に国内の原油在庫は740万バレル減少し、市場予想(510万バレル減=ロイター通信調べ)を上回る取り崩し幅となった。一方、石油製品の在庫は、ガソリンが480万バレル増(市場予想は220万バレル増)、ディスティレート(留出油)が890万バレル増(同50万バレル増)と大きく積み増したものの、売り圧力は限定的。イラン情勢の悪化に加え、米東部が記録的な寒波に見舞われているほか、為替相場がドル安・ユーロ高に振れてドル建て商品に割安感が強まったことなどが原油相場を支援した。
 ▽ガソリン=続伸。中心限月2月物の清算値は0.93セント高の1ガロン=180.67セント。
 ▽ヒーティングオイル=反落。2月物の清算値は1.10セント安の1ガロン=207.70セント。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!