TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、113円台前半(5日)

     【ロンドン時事】週末5日のロンドン外国為替市場では、日本や欧米の株高を受けたリスク選好の円売りが優勢で、円相場は1ドル=113円台前半に軟化した。午後4時現在は113円20〜30銭と、前日午後4時(112円70〜80銭)比50銭の円安・ドル高。
 円は小幅安の113円10銭台でロンドン入り後、欧州株高を眺めてじり安の展開となり、昼過ぎには113円32銭まで軟化した。その後、米雇用統計で非農業部門就業者数の伸びが予想を下回ったことが伝わると、にわかにドル売りが加速。円は一時113円02銭まで下げ幅を縮めた。しかし、平均時給などがほぼ予想通りだったこともあり、リスク選好の円売りが再燃。夕刻には一時買い戻しが強まる場面もあったが、おおむねさえない値動きが続いた。邦銀関係者は「リスク選好の円安地合いになっているので、目先は追随せざるを得ない。しばらくは株価にらみの展開だろう」と指摘した。
 ユーロは対ドルで軟調。米雇用統計発表直後には急伸する場面もあったが、すぐに戻り売りに押された。対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.2030〜2040ドル(前日午後4時は1.2070〜2080ドル)。一方、対円では同136円25〜35銭(136円10〜20銭)と小幅高。ポンドは売りが先行したが、調整買いで切り返し、1ポンド=1.3560〜3570ドル(1.3545〜3555ドル)と小じっかり。スイス・フランは1ドル=0.9745〜9755フラン(0.9745〜9755フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!