TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY石油〕WTI、3日ぶり反落=週間では1.69%上昇(5日)

     【ニューヨーク時事】週末5日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、最近の上伸基調を受けた利益確定の売りなどに圧迫され、3日ぶりに反落した。米国産標準油種WTI2月物の清算値は、前日比0.57ドル(0.92%)安の1バレル=61.44ドル。ただ、週間では1.69%上昇し、プラスでの越週は3週連続となった。3月物の清算値は0.49ドル安の61.41ドル。
 前日の原油相場は、イランの政情不安や米原油在庫の減少など背景に買い進まれ、清算値ベースで約3年1カ月ぶりの高値を更新。この日は週末要因や最近の上昇基調を受けてひとまず利益を確定する動きが活発になり、早朝からマイナス圏で推移した。さらに、外国為替市場で午前にドル高・ユーロ安に反転した場面では、ドル建てで取引される商品相場の割高感を嫌気した売りも加わり、相場は一時61.09ドルまで下落した。
 ただ、利益確定の売りが一巡した後は、安値拾いとみられる買いが入り、下げ幅を一部縮小した。イラン情勢の悪化で原油供給の混乱が生じるとの懸念がくすぶっており、相場を支えている。
 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが5日公表した同日までの1週間の米原油掘削リグ稼働数は前週比5基減の742基となった。同稼働数は2週連続で横ばいとなった後、減少に転じたものの、発表直後の反応は限定的だった。
 ▽ガソリン=3日ぶりに反落した。中心限月2月物の清算値は2.09セント安の1ガロン=178.58セントとなった。
 ▽ヒーティングオイル=続落。2月物の清算値は1.83セント安の1ガロン=205.87セント。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!