TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

○〔米株式〕NYダウ、小反落=利益確定売りで(8日)☆差替

     【ニューヨーク時事】週明け8日のニューヨーク株式相場は、年初からの急ピッチの上昇による高値警戒感から利益確定売りが出て、5営業日ぶりに小反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比12.87ドル安の2万5283.00ドルで終了。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は同20.83ポイント高の7157.39と5営業日連続で史上最高値を更新した。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前週末比3816万株増の8億0936万株。
 前週のダウは初めて2万5000ドルの大台を突破。年初からの4連騰で上げ幅は570ドルを超えただけに、8日の相場は一服感が強まった。ダウは一時、小幅高となって取引時間中の高値を4営業日連続で更新したが、主要な米経済指標の発表もなく手掛かり材料に乏しい中、上昇の勢いは乏しかった。
 市場の関心は今週から本格化する米主要企業の2017年10〜12月期決算に向かっている。11日にデルタ航空、12日にはJPモルガン・チェースとウェルズ・ファーゴの金融大手2社の決算が控えている。調査会社トムソン・ロイターの調べによると、主要企業の10〜12月期の純利益は前年同期に比べて約12%増える見込み。原油価格の持ち直しで、エネルギー企業で業績の急回復が続くほか、テクノロジーや金融の各セクターでも堅調な業績が期待されている
 市場では「世界景気の拡大を受けてアップルやフェイスブックなど主力ハイテク企業が良好な決算を出せば、株価上昇の勢いが再び強まるだろう」(準大手証券)と指摘されていた。
 個別銘柄(暫定値)では、ウェルズ・ファーゴとシティグループがそれぞれ1.2%安、バンク・オブ・アメリカが0.8%安。ゼネラル・エレクトリック(GE)が1.5%安、コムキャストが1.4%安、アップルが0.4%安だった。一方、キャタピラーが2.5%高、アマゾン・ドット・コムが1.4%高、シェブロンが0.5%高。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!