TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY債券〕長期金利、低下(11日)

     【ニューヨーク時事】11日のニューヨーク金融・債券市場では、中国による米国債購入方針の見直しに対する懸念が後退する中、債券の買い戻しが進行したため、長期金利は低下した。長期金利の指標である10年物米国債利回りは前日引け水準比0.02%ポイント低下の2.54%。30年債利回りは0.03%ポイント低下の2.87%となった。
 2年債利回りは横ばいの1.98%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0076%ポイント上昇の1.4346%。
 取引序盤は債券売りが先行。欧州中央銀行(ECB)がこの日公表した定例理事会の議事要旨で、金融政策やフォワードガイダンスに関する表現を今年の早い時期に見直す可能性が指摘されていたことが明らかになった。また、9日には日銀が超長期ゾーンの国債買い入れを減額しており、米連邦準備制度理事会(FRB)に追随する形でECBと日銀がそろって緩和縮小を進めるのではないかとの観測が債券相場には圧迫材料となった。
 しかし、昼ごろから流れは反転し、徐々に債券が買い戻される展開となった。米メディアが前日に報じた中国政府による米国債購入の規模縮小もしくは停止の観測について、中国国家外貨管理局の報道官はこの日、「偽の情報のようだ」と否定。また、米財務省が午後に実施した30年債入札も需要が旺盛で好調な結果となったことから米国債保有に対する安心感が戻り、10年債利回りは一時2.52%近辺に低下した。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!