TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、111円台前半=米CPI見極めで小動き(12日午後3時)

     12日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米国の消費者物価指数や小売売上高を見極めたいムードが強く、1ドル=111円台前半で小動きとなっている。午後3時現在は111円23〜24銭と前日(午後5時、111円78〜78銭)比55銭のドル安・円高。
 東京早朝は買いが先行し、111円30銭台へ浮上。午前は、ユーロ買い・ドル売りなどに圧迫されていったん111円05銭付近まで下落したが、前日海外市場の安値が意識されて下げ止まり、111円30銭台へ買い戻された。午後は、おおむね111円20銭台で模様眺めとなっている。
 今夜発表される12月の米消費者物価指数と米小売売上高を前に、投資家は積極的な売買を見送っている。消費者物価指数は前月比0.2%上昇(ロイター通信調査)と予想されている。米卸売物価指数が弱かっただけに、「CPIの下振れ警戒が強い」(FX会社)という。予想を下回るようだと、「ドル円は111円を割り込む可能性が高い」(同)。米小売売上高は、好調な年末商戦を背景に0.4%増(ロイター通信調べ)と予想され、4カ月連続のプラスが見込まれる。
 ユーロも対円、対ドルで小動き。午後3時現在、1ユーロ=133円98〜98銭(前日午後5時、133円46〜47銭)、対ドルは1.2044〜2044ドル(同1.1939〜1939ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!