TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔金利・債券市況〕先物、小幅安=現物は日銀オペの結果受け軟化(15日)

     債券先物は小幅安。長期国債先物の中心限月2018年3月物は前週末比01銭安の150円47銭で取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債349回債利回りは0.005%上昇の0.075%となっている。
 先物は、朝方は「5年債や10年債の利回りからみて割安感がある」(大手証券)との見方から買いが先行したが、午前10時台から次第に売りが増え、昼から午後にかけてマイナス圏で推移した。
 この日の日銀による国債買い入れオペのオファー額は、いずれも前回と同額だった。応札額は5〜10年と10〜25年が前回に比べ増加し、25年超は減少した。「応札額は多め。需給は予想ほど強くない」(別の大手証券)と受け止められ、長期債や超長期債の利回りが小幅に上昇。先物も上値が重くなった。
 ある市場関係者は、「円高が進むと、債券先物に売りが出た。前週に日銀が国債買いオペを減額してから、金融緩和縮小の思惑を背景に円高と債券安が連動しやすくなっている」(同)と指摘していた。
 現物利回りは、2年債が0.005%上昇のマイナス0.135%、5年債が0.005%上昇のマイナス0.080%、20年債が0.005%上昇の0.590%、30年債が変わらずの0.830%、40年債が変わらずの0.990%となっている。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!