TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、110円台後半=終盤、欧州勢の売りで弱含む(16日午後5時)

     16日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、実需の買い戻しなどを受けて水準を切り上げた後、終盤は欧州勢による売りが強まり、1ドル=110円台後半で弱含む展開となった。午後5時現在、110円71〜71銭と前日(午後5時、110円81〜82銭)比10銭のドル安・円高。
 東京の早朝は、110円50銭台で推移。午前は国内の輸入企業を中心とした買い戻しが入り、110円90銭台へと上伸した。午後は110円80〜90銭でもみ合ったが、終盤は欧州勢の売りに押され、110円70銭台へと水準を切り下げた。
 ドル円は、米国の祝日が明けるのを前に「実需筋によるドル買いが旺盛になった」(国内銀行)と観測されている。「投機的な売りが先行していたため、押し目買いが入った」(銀行系証券)との声も聞かれた。また、直近では対ユーロでのドル売りがドル円に波及していたことから、市場には「今後もユーロの動きには注意が必要だ」(FX会社)との警戒感も漂っている。
 ユーロは終盤、独の社会民主党(SPD)が連立協議を拒否したとの一部報道を受けて対円、対ドルで下落。午後5時現在、1ユーロ=135円58〜58銭(前日午後5時、135円31〜31銭)、対ドルは1.2246〜2246ドル(1.2210〜2210ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!