TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、110円台後半(16日正午)

     【ロンドン時事】16日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、新たな手掛かり材料が乏しい中、1ドル=110円台後半で小浮動している。正午現在は110円60〜70銭と、前日午後4時(110円45〜55銭)比15銭の円安・ドル高。
 円は輸入企業のドル買いに押される形で東京市場で軟化し、小幅安の110円70銭付近でロンドン市場に入った。朝方は持ち高調整や利食いとみられる買いが先行したが、110円60銭付近で伸び悩み、その後は狭いレンジ内でこう着状態が続く。積極的に売り買いをする向きは少なく、商いは閑散としている。午後には祝日明けの米国勢が参戦する見込みだが、米国では目立った指標の発表やイベントは予定されていないため、動意付くかどうかは微妙な雰囲気だ。
 ユーロは東京時間夕刻、ドイツの大連立協議の難航を伝える一部報道を受けて売りが加速。欧州入り後も弱含みの展開だ。前週後半以降、独大連立協議進展への期待感や、欧州中央銀行(ECB)の金融政策正常化が早まるとの見方を背景に上昇基調が続いていたが、このタイミングでいったん利益を確定させる動きが出ているもようだ。
 ユーロの対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.2210〜2220ドル(前日午後4時は1.2255〜2265ドル)。対円では同135円10〜20銭(135円45〜55銭)。
 ポンドも1ポンド=1.3740〜3750ドル(1.3795〜3805ドル)と軟調。昨年12月の英消費者物価指数(CPI)の上昇率が前月比で鈍化し、売り圧力がにわかに強まった。スイス・フランは1ドル=0.9650〜9660フラン(0.9630〜9640フラン)と甘い。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!