TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、111円台前半=終盤に小戻す(18日午後5時)

     18日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、終盤に中国のGDPが予想比上振れと発表されて小戻した。午後5時現在は、1ドル=111円23〜23銭と前日(午後5時、110円76〜76銭)比47銭のドル高・円安。
 ドル円は、米国時間の終盤に買われた流れを受け継ぎ、東京時間の早朝は111円30銭台に強含んだ。午前中は買いが一服し、111円20〜40銭でもみ合い。午後に入ると、午前に伸び悩んだ日経平均株価が持ち直したことで111円50銭付近に浮上した。しかし、その後は株価が前日比マイナス圏に落ち込み、ドル円も111円00銭台まで連れ安となった。終盤は、予想比上振れとなった中国の10〜12月実質GDPなどを受けて、111円30銭台へと小戻した。
 前日のベージュブックが楽観的だったことで買われたドル円だが、東京時間は「もっぱら株価につられて動いた」(FX会社)とされる。また、「日銀の総裁人事を控え、金融政策の先行きが不透明になっていることが上値を重くしている」(国内銀行)との声も聞かれた。目先は「米国でつなぎ予算が可決されるかどうかが注目点」(銀行系証券)という。
 ユーロは対円、対ドルで小動き。午後5時現在、1ユーロ=135円78〜79銭(前日午後5時、135円32〜33銭)、対ドルでは1.2207〜2207ドル(同1.2217〜2217ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!