TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、111円近辺(18日)

     【ロンドン時事】18日のロンドン外国為替市場の円相場は、午後に予想比弱めの米指標を受けたドル売り・円買いで下げ幅を縮め、1ドル=111円近辺となった。午後4時現在は110円90銭〜111円00銭と、前日午後4時(110円65〜75銭)比25銭の円安・ドル高。
 円は東京市場の流れを引き継ぎ、111円20銭台付近まで下げてスタート。前日の米連邦準備制度理事会(FRB)の連銀景況報告(ベージュブック)を受けて景気の先行きに楽観的な見方が広がる中、昼ごろまでは動きが鈍いながらもやや弱含み気味の展開が続いていた。しかし、米国勢が参戦する昼過ぎになると、円は持ち高調整とみられる買いでじわりと下げ幅を縮小。米住宅着工件数などのさえない数字が伝わるとさらに買いが目立つようになり、あっさりと110円台を回復した。午後3時台には一時110円83銭まで戻す場面もあった。
 欧州通貨は対ドルで堅調だった。ユーロは小安く始まり、じりじりと下げ幅を縮小。午後は一時伸び悩んだが、夕刻には一時1ユーロ=1.22ドル台後半まで上昇した。中国の昨年10〜12月期国内総生産(GDP)の加速を受けた人民元買い・ドル売りにつられ、対欧州通貨でもドルを売る動きが出たようだ。対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.2235〜2245ドル(前日午後4時は1.2235〜2245ドル)と横ばい。対円では同135円75〜85銭(135円50〜60銭)と小幅高。
 ポンドは1ポンド=1.3875〜3885ドル(1.3830〜3840ドル)としっかり。スイス・フランは1ドル=0.9590〜9600フラン(0.9605〜9615フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!