TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔外為・今日の材料〕ドル、110円台後半=米つなぎ予算採決控えレンジ(22日)

     22日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、米つなぎ予算案の採決や日欧の金融政策決定会合を控えて動きにくく、1ドル=110円台後半を中心としたレンジ相場が見込まれる。予想レンジは110円30〜90銭。
 ドル円は前週末の欧州時間、米つなぎ予算の上院採決を控える中、政府機関の一部閉鎖を懸念した売りに押され、110円50銭前後へ下落。その後は欧州主要国株の堅調を眺めて買い戻され、110円70銭台に切り返した。米国時間の序盤から中盤は、売り買いが交錯し、110円50〜70銭でもみ合い。終盤は米国の長期金利上昇や株高に支援され、110円80銭台へ浮上した。週明け東京市場の早朝は、ドイツの連立政権協議進展期待によるユーロ高・ドル安に圧迫され、110円50〜60銭台で推移している。
 米下院は18日、つなぎ予算案を賛成多数で可決したが、上院では19日の審議で可決できず、政府機関の一部が閉鎖される事態となった。早期に決着すれば影響は限定的だが、「長引くようだとドル売りが進む可能性がある」(FX会社)とされ、行方を見守りたい向きが多い。日銀金融政策決定会合とECB理事会を控えていることも、投資家の様子見ムードを強めている。市場関係者は「東京市場は積極的に動きにくく、110円台での推移にとどまる」(国内銀行)との見方を示している。
 東京時間はきょうから日銀会合が開始、あすに声明発表と黒田総裁の会見が行われる。欧米時間は特段の材料は見当たらない。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!