TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

○〔米株式〕NYダウ続伸、3日ぶり最高値=つなぎ予算に期待(22日)☆差替

     【ニューヨーク時事】週明け22日のニューヨーク株式相場は、米上院でつなぎ予算案可決のめどが立ったことに安心感が広がり、続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は前週末比142.88ドル高の2万6214.60ドルと、3営業日ぶりに史上最高値を更新して終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数も最高値を塗り替え、同71.65ポイント高の7408.03で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前週末比1億8061万株減の8億5519万株。
 米連邦政府のつなぎ予算の期限だった19日までに上院で新たな予算案を可決できなかった問題で、予算切れに伴う政府機関の一部閉鎖はこの日、3日目に突入した。労働省がすべての経済統計の公表を政府機関の閉鎖中は見送ると発表するなど、問題長期化による影響拡大に警戒感が強まる中、この日のダウは売り優勢で始まった。
 ただ、昼ごろに上院が2月8日までのつなぎ予算案の可決に必要な動議を採択し、可決にめどがついたと報じられると、問題が解決に向かうとの安心感から買い戻され、ダウはプラス圏に浮上。中盤以降は新たな手掛かり材料がない中、小幅なレンジで推移した。
 国際通貨基金(IMF)が午前に公表した最新の世界経済見通しで、今年の世界全体の成長率を3.9%に上方修正したことも、投資家のリスク選好意欲を刺激した。市場関係者からは「世界経済の良好さは織り込まれているが、(日米欧の経済見通しが)軒並み上方修正されたのは明るい材料だ」(準大手証券)との声が聞かれた。
 市場の焦点は本格化する企業決算。今週は23日にプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)とジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、24日にゼネラル・エレクトリック(GE)、25日にインテルなど、ダウの構成銘柄の発表も相次ぎ、相場を左右する材料となりそうだ。
 個別銘柄(暫定値)は、ゴールドマン・サックスが2.1%高、ホーム・デポが1.6%高、ベライゾン・コミュニケーションズが3%高、エクソンモービルが1.3%高、ネットフリックスが3.2%高。アップルは0.9%安、ナイキは1.4%安、GEは1.2%安。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!