TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔外為・今日の材料〕ドル、110円台前半=対ユーロのドル売りで軟調(24日)

     24日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、対ユーロでのドル売りや米保護主義への警戒などに圧迫され、1ドル=110円台前半で軟調地合いとなりそうだ。予想レンジは110円00〜40銭。
 前日の欧州時間のドル円は、米長期金利が低下する中、持ち高調整の売りが優勢となり、110円40銭前後に軟化した。米国時間は対ユーロやポンドでのドル売りに押され、中盤には110円20銭台まで水準を切り下げた。終盤は110円30銭前後で模様眺めとなった。東京市場の早朝は、110円20銭台に小緩んでいる。
 ドル円は前日に米つなぎ予算が成立し、黒田日銀総裁が会見で緩和継続を強調したものの買い戻しが進まず、「上値の重さが改めて確認された」(国内銀行)。むしろ、英国のソフトブレグジット観測による対ポンドでのドル売りや、良好な欧州経済指標を受けたユーロ買い・ドル売りに圧迫される格好となった。また、トランプ米政権による家庭用洗濯機などの緊急輸入制限発動で保護主義への警戒が強まったことや、米特別検察官がロシア疑惑で司法長官を聴取したとの報道も、ドル売りを誘った。
 東京市場でドル円は、「国内の輸入企業や機関投資家による買いに支えられ、110円台は維持する」(別の国内銀行)とされるが、弱材料が多い中、「欧米時間には109円台へ下落する可能性がある」(FX会社)との声が出ている。
 きょうの東京時間は、12月と17年の貿易統計が発表される。欧米時間は1月のユーロ圏PMI、9〜11月の英失業率、12月の米中古住宅販売件数、EIA週間原油在庫が公表される。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!