TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、109円台後半=売り一巡後はやや買い戻し(24日午後5時)

     24日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、午前中の売りが一巡すると終盤はやや買い戻され、1ドル=109円台後半で推移した。午後5時現在、109円95〜95銭と前日(午後5時、110円98〜98銭)比1円03銭の大幅ドル安・円高。
 東京の早朝は、米長期金利の低下や対ユーロでのドル売りなどの影響で110円10銭前後に下げた。仲値にかけて、実需筋のドル買いがやや強まり、110円30銭付近に持ち直した。その後は伸び悩み、投機筋を中心としたドル売りによって正午前に110円を割り込んだ。午後には109円80銭付近まで下落した後は、押し目買いに下げ渋り、終盤は110円台を回復する場面もあった。
 ドル円は、前日の欧州の経済指標が強めとなり、「対ユーロや対ポンドでドル売りが強まったことに圧迫された」(外資系証券)とされる。トランプ米政権による緊急輸入制限発動も「米国の保護主義が強まるとの懸念が広がった」(外為仲介業者)とされ、ドル売りを誘う要因となった。ただ、明日のECB理事会を前に「極端なユーロ買い・ドル売りは控えられる」(FX会社)とみられ、当面は「109円50銭〜110円前後で推移する」(前出の外為仲介業者)とみられる。
 ユーロは、対円で下落、対ドルで上昇。午後5時現在、1ユーロ=135円37〜38銭(前日午後5時、135円98〜98銭)、対ドルでは1.2311〜2312ドル(1.2252〜2252ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!