TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン金属〕銅、横ばい=他の卑金属はドル安で上昇(25日午前)

     欧州時間25日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅3カ月物相場は横ばいの1トン=7153ドル。相場は1カ月ぶり安値水準から上昇し、1週間ぶり高値に向かっている。それでも昨年12月下旬の高値7312ドルを依然として下回っており、在庫の増加に圧迫されるとみられる。
 LME指定倉庫の銅のオンワラント(倉庫から引き出す予定のない)在庫は2万4825トン急増して25万3400トンとなり、過去1週間で67%増えた。
 一方、亜鉛、ニッケル、鉛は、ドルの軟化やLME指定倉庫在庫の着実な減少を受け、数年ぶりの高値まで上昇した。
 キャピタル・エコノミクスのシニア・コモディティーズエコノミスト、キャロライン・ベイン氏は、ドル高がコモディティー(商品)相場全般を支えたが、米利上げ観測がこの見通しを抑制していると説明。「コモディティー価格は一段と上昇する可能性がある。なぜなら先物市場をみればわかるように、(市場は)勢いと楽観にあふれているからだ」と述べた上で、「この楽観は次第に薄れていくだろう。世界経済と中国が減速し、商品価格の下落につながるだろう」と予想した。
 鉛のオンワラントLME在庫は1200トン減の7万8000トン。9月半ば以来31%減少している。鉛3カ月物は一時2011年8月以来の高値を付けたあと値を消し、0.4%安。亜鉛3カ月物は10年ぶりの高値を付けた。ニッケル3カ月物は15年5月以来の高値を付け、直近では0.2%高。(ロイターES時事)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!