TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、109円前後=終盤売り一巡でもみ合い(25日午後5時)

     25日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、ムニューシン米財務長官のドル安容認発言を嫌気した売りが一巡し、終盤は1ドル=109円前後でもみ合いとなった。午後5時現在、109円02〜03銭と前日(午後5時、109円95〜95銭)比93銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、米財務長官発言を受けた海外市場での下落から買い戻しが先行し、109円20銭台へ浮上した。午前は国内輸入企業によるドル買いが強まり、仲値にかけて109円50銭付近へ上昇。その後は、国内輸出企業や機関投資家によるドル売りが優勢となり、正午にかけて109円付近へ押し戻された。午後は同水準を下値に小動きで推移したが、欧州勢が参入すると前日のドル安容認発言が蒸し返され108円70銭前後に下落。終盤は売り一服となり、再び109円前後で売り買いが交錯した。
 ドル円は「五・十日に伴う実需筋のドル買いに下支えされた」(外為仲介業者)という。もっとも、米長官のドル安容認発言が「引き続き圧迫要因になっている」(FX会社)といい、軟調地合いは続くとの見方が多い。今夜のECB理事会では、ドラギ総裁が会見で「ユーロ高けん制発言を行う可能性がある」(別のFX会社)との声が多く聞かれ、ユーロ高・ドル安基調が変化するかどうかもドル円相場を左右しそうだ。
 ユーロは対円で小動き、対ドルでは終盤に下落。午後5時現在、1ユーロ=135円39〜39銭(前日午後5時、135円37〜38銭)、対ドルでは1.2418〜2418ドル(1.2311〜2312ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!