TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY石油〕WTI、4日ぶり反落(25日)

     【ニューヨーク時事】25日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、需給不均衡の是正期待などを背景に買いが先行したものの、ドル安の反転上昇を受けた割高感による売りが出て前日からの上げ幅を一掃し、4営業日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月3月物の清算値は前日比0.10ドル(0.15%)安の1バレル=65.51ドル。4月物の清算値は0.01ドル高の65.37ドルだった。
 原油相場は前日から堅調に推移。需給不均衡の是正期待やドル安進行に伴う割安感を追い風に、朝方には一時66.66ドルまで上昇した。米エネルギー情報局(EIA)が前日に発表した週報では、原油在庫は10週連続の取り崩しを記録。また、石油輸出国機構(OPEC)が主導する協調減産の相乗効果により、需給が均衡化するのではないかとの期待が広がっていた。
 ただ、この日の原油相場はドルの不安定な動きに振り回された。外国為替市場では朝方、ムニューシン米財務長官による「ドル安容認」とも受け取れる発言やドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁によるユーロ圏経済の力強さへの言及などを背景にユーロが対ドルで急伸、約3年1カ月ぶりに1ユーロ=1.25ドル台を付けていた。
 しかし午後に入り、トランプ米大統領が「ドルはより強くなる」などと発言したとの報が伝わると、ドル安・ユーロ高の流れが急反転。ドル建てで取引される原油の割高感が一気に高まったため、ひとまず利益を確定する売りなどが殺到し、相場は清算値確定間際に65.08ドルまで値を切り下げた。
 ▽ガソリン=4営業日ぶり反落。中心限月の2月物の清算値は0.10セント安の1ガロン=191.54セント。
 ▽ヒーティングオイル=3日続伸した。2月物の清算値は0.93セント高の1ガロン=211.54セント。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!