TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔週間外為見通し〕ドル円、神経質な展開=米一般教書控え―外為どっとコム・神田氏

     神田卓也・外為どっとコム総合研究所調査部長=来週のドル円相場は、30日に予定されるトランプ米大統領の一般教書演説を控えて、神経質な展開となりそうだ。ただ、演説を無難に通過すれば、米国の政治から良好な経済に目が移り、ドルを買い戻す動きが出始めると予想する。
 トランプ大統領の「最終的に強いドルを望んでいる」との発言でドル安の流れは一服したが、保護主義に傾斜する米国への警戒感は依然根強く、真意を見極める必要がある。そのため、トランプ大統領のダボス会議での演説や一般教書演説を確認するまで、ドル円は神経質な動きになるだろう。
 トランプ大統領の演説を波乱なく通過すれば、市場の関心は米経済に戻っていくと考える。来週はISM製造業景況指数や雇用統計などの重要な米経済指標が目白押しだ。良好な内容が確認されれば、利上げを実施していく米国と金融緩和を続ける日本との金融政策の方向性の違いが再び意識され、ドル高・円安へ次第に戻っていくだろう。
 ユーロドルは、軟調地合いを予想する。投機筋のユーロロングポジションが過去最高に積み上がっていることを踏まえると、ユーロはこれ以上は上昇しにくく、むしろ調整が入りやすいとみている。
 予想レンジは、ドル円が1ドル=108円00銭〜111円50銭、ユーロドルは1ユーロ=1.2150〜2550ドル。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!