TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、109円台前半(26日正午)

     【ロンドン時事】週末26日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、トランプ米大統領の演説を控えた持ち高調整の中、1ドル=109円台前半に下落した。正午現在は109円35〜45銭と、前日午後4時(108円65〜75銭)比70銭の円安・ドル高。
 前日は「最終的には強いドルを望む」というトランプ氏の発言を受けてドルが急反発。ムニューシン米財務長官のドル安容認姿勢に加速したドル売りにひとまず歯止めがかかった。しかし、そのは再び弱地合いに転じ、この日の欧州朝方には108円90銭近辺に水準を切り下げた。ロンドンでは米長期金利の上昇を眺めて109円台前半に戻すと、正午にかけて買い優勢となり、109円30銭台に乗せた。
 英CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「トランプ発言でドルにショートカバーが入ったが、貿易に関する米国の好戦姿勢をめぐる投資家の懸念は払拭(ふっしょく)されていない」と指摘。トランプ氏が訪問先のスイス・ダボスで行う演説は、米政権が発動を決めた緊急輸入制限(セーフガード)などの措置が「通商問題での米国の新たな対決姿勢の幕開け」かどうかを確かめる上で重要だと予想した。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2430〜2440ドル(1.2500〜2510ドル)。対円では同136円00〜10銭(135円85〜95銭)。ポンドは1ポンド=1.4245〜4255ドル(1.4295〜4305ドル)。午前9時半に発表された英GDPは市場予想を上振れしたが、市場の反応は限定的だった。スイス・フランは1ドル=0.9350〜9360フラン(0.9310〜9320フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!