TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY金市況・詳報〕金現物、やや値を戻す=ドル安進行で(26日)

     【ニューヨーク、ロンドン・ロイターES=時事】26日の金現物相場は、前日付けた1年5カ月ぶりの高値水準に向け、やや値を戻した。米国の経済成長の減速を示す経済統計が発表されたことがドルを一段と押し下げる一方で、金が買われた。
 金現物は米東部時間午後1時37分(1837GMT)時点で、0.3%高の1オンス=1351.86ドル。週間ベースでは1.5%高。25日には2016年8月以来の高値となる1366.07ドルまで上昇した。
 先物2月きりの清算値は10.80ドル(0.8%)安の1352.10ドル。
 ドルは、週間ベースで昨年5月以降で最も下落した。ドル安は金などドル建て資産を割安とする。
 米国グローバル・インベスターズの主任トレーダー、マイケル・マトゥセク氏は「ドルが下落し、金相場を押し上げている。金は依然上昇基調にある」と指摘した。
 米国の17年10〜12月期の実質GDP(国内総生産)速報値は2.6%増で、市場予想(ロイター通信調べ)の3.0%増を下回った。
 マトゥセク氏は「GDPが弱かったことで、米連邦準備制度理事会(FRB)が今年それほど多くの利上げを実施をするかどうか疑問が浮上した。こうした思惑は金相場を上昇させる傾向にある」と述べた。
 金は利子が付かないため、債券利回りの上昇は金の投資妙味を減退させる。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!