TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京株式〕小幅に4日続落=内需株に売り目立つ(29日)

     【第1部】日経平均株価は前営業日比2円54銭安の2万3629円34銭と小幅に4営業日続落した。好業績株への押し目買いが先行したが、徐々に内需関連株に利益確定売りが広がった。東証株価指数(TOPIX)は同1.06ポイント高の1880.45と小反発したが、上値の重さが目立った。出来高は13億2628万株。
 【第2部】4日ぶり小反発。三社電機が急伸し、ヤマシナ、REMIXは堅調。半面、杉村倉が下押し、サイバーSは大幅安。出来高1億9554万株。
 【外国株】強含み。出来高102万2400株。
 ▽急速に値を消す
 29日の東京株式市場で、日経平均株価は急速に値を消した。好業績株への押し目買い意欲は根強いが、「為替相場が不安定なため上値は追えない」(大手証券)状況だった。
 前週末の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が3日連続で過去最高値を更新した。東京市場もこの流れに乗り、日経平均は朝方、上げ幅を150円超に広げた。しかし、午後の取引では当面の利益を確保する売り注文が広がった。日経平均はマイナス圏で取引を終え、落ち着かない相場展開だった。
 前週末に決算を発表し、好業績が確認された主力銘柄のファナック〈6954〉株は値上がりした。とはいえ、寄り付きを高値に値を消す展開で、「好業績は織り込み済み」(中堅証券)の地合いを示した形だ。株式市場は、「上値の重さが意識されやすくなってきた」(銀行系証券)ようだ。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!