TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、108円台後半=米大統領演説控え小動き(31日午前9時)

     31日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、トランプ米大統領の一般教書演説を控え、1ドル=108円台後半で小動きとなっている。午前9時現在、108円75〜79銭と前日(午後5時、108円74〜74銭)比01銭の小幅ドル高・円安。
 前日の海外市場では、欧州時間は108円50〜60銭前後にじり安となった。米国時間の序盤も軟調で、一時108円40銭前後に落ち込んだ。その後は米長期金利の上昇を背景に買い戻しが入り、終盤は108円70銭前後を回復した。東京時間の早朝も同水準で取引されている。
 前日の米国時間は、株安となった一方で米長期金利は上昇した。このところドル円と米金利の相関は弱まっているが、「株安でリスクオフ一辺倒とはならず、ドル円が買い戻されたのは金利上昇が結果的にサポート要因になった」(大手邦銀)とされる。本日は、昼前に予定されるトランプ大統領の演説を控えて「基本的には動きにくい状況が続く」(同)と見込まれる。
 ユーロは対円、対ドルで堅調。午前9時現在、1ユーロ=134円94〜94銭(前日午後5時、134円33〜34銭)、対ドルでは1.2407〜2411ドル(同1.2352〜2352ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!