TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、108円台後半(31日正午)

     【ロンドン時事】31日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、今夜の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控えて様子見ムードが広がり、1ドル=108円台後半でこう着状態が続いている。正午現在は108円75〜85銭と、前日午後4時(108円75〜85銭)比で横ばい。
 円は小幅高の108円60銭台付近でロンドン市場に入った後、持ち高調整の売りで若干上げ幅を縮め、昼前には前日夕刻並みの108円80銭近辺まで弱含んだ。ただ、米金利の上昇がひとまず一服していることもあり、商いは低調。日本の株価下落が続いている上、欧州株もまちまちでさえない動きとなっており、相対的に「安全」とされる円を売りにくい雰囲気もある。
 FOMCでは金融政策の現状維持が予想されているが、声明の内容を見極めるまでは積極的な取り引きを手控える向きも多いようだ。
 ユーロはしっかりだが、模様眺めのムードが漂う中で朝から小浮動が続く。1月のユーロ圏消費者物価上昇率が2カ月連続で鈍化したことが伝わった後は、やや上値が重い展開だ。対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.2450〜2460ドル(前日午後4時は1.2405〜2415ドル)。対円では同135円45〜55銭(135円00〜10銭)。
 ポンドは1ポンド=1.4155〜4165ドル(1.4105〜4115ドル)に上昇している。東京時間帯には前日に売られた反動で調整買いが入ったが、ロンドン時間午前中は英国の欧州連合(EU)離脱問題への懸念などから伸び悩み気味だった。スイス・フランは1ドル=0.9325〜9335フラン(0.9345〜9355フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!