TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円軟化、109円台前半(31日)

     【ロンドン時事】31日のロンドン外国為替市場の円相場は、堅調な米指標を眺めたドル買いで午後に一段と弱含み、1ドル=109円台前半に軟化した。午後4時現在は109円15〜25銭と、前日午後4時(108円75〜85銭)比40銭の円安・ドル高。
 円は小幅高の108円60銭台付近でスタート。今夜の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表待ちで様子見ムードが強かったが、月末の実需がらみの売り買いが交錯する中、じわりと下値を広げた。午後には1月の米ADP民間雇用やシカゴ景況指数が強めだったことを受けて109円台まで軟化し、夕刻のロンドンフィキシングにかけてはさらに下げ幅を広げた。
 市場関係者は「FOMC声明では大きなトーンの変更はないと思うが、市場が3月の利上げを8割織り込む中、どんな変化があるかに注目したい」(邦銀筋)と話した。
 欧州通貨も様子見ムードで商いが薄い中、月末にからんだ需給の買いで堅調に推移した。夕刻のロンドンフィキシングには取引が急速に膨らみ、もみ合う場面もあった。ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.2450〜2460ドル(前日午後4時は1.2405〜2415ドル)。対円では同135円95銭〜136円05銭(135円00〜10銭)。
 ポンドは英国の欧州連合(EU)離脱問題への懸念が引き続き重しとなったが、1ポンド=1.4215〜4225ドル(1.4105〜4115ドル)に上昇した。スイス・フランは1ドル=0.9290〜9300フラン(0.9345〜9355フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!