TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、105円台半ば=買い一巡後はもみ合い(5日正午)

     5日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、実需筋の買いが一巡した後は1ドル=105円台半ばでもみ合っている。正午現在、1ドル=105円46〜46銭と前週末(午後5時、105円73〜74銭)比27銭のドル安・円高。
 ドル円はオセアニア時間、一時105円40銭前後に緩む場面もあったが、「下値では実需筋の買い戻しが入った」(為替ブローカー)とされ、午前8時ごろは105円70銭近くに浮上した。午前9時前後にやや上下したが、午前中はおおむね105円50〜60銭のレンジ取引となった。
 ドル円は早朝に売られた後は実需筋の買いに支援され、「それなりに底堅さもある」(FX業者)との声も聞かれるが、買い一巡後の動向では「全般はもみ合いだが、株安もあって上値の重さが意識される」(先の為替ブローカー)という。トランプ米大統領の輸入制限措置表明や日銀の出口観測などが「引き続きドル円の重し」(大手邦銀)になっており、なお下値を模索しやすいとみられる。
 ユーロは対円、対ドルで小動き。独の大連立政権成立でいったん買われた後は売り戻され、結果的に午前9時との比較では水準は大きく変わらず。正午現在、1ユーロ=129円94〜95銭(前週末午後5時、129円66〜67銭)、対ドルでは1.2321〜2322ドル(同1.2263〜2263ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!