TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔NY外為〕円、106円台前半(8日朝)

     【ニューヨーク時事】8日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、トランプ米大統領による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置の発動決定を控えて様子見姿勢が強まる中、1ドル=106円台前半で小動きとなっている。午前9時20分現在は106円10〜20銭と、前日午後5時(106円05〜15銭)比05銭の円安・ドル高。
 トランプ大統領は8日にも鉄鋼とアルミの輸入制限措置の発動を命じる文書に署名する。トランプ政権は輸入増加が米国の安全保障上の脅威になっていると判断し、鉄鋼に25%、アルミに10%の関税を課す見通しで、米国と主要国の貿易摩擦が激化するとの懸念がくすぶっている。ただ、カナダやメキシコに加え、一部同盟国については適用が除外されるとの見方も出ており、最終的な決定内容を見極めたいとの思惑が広がっている。
 欧州中央銀行は(ECB)は8日の定例理事会で金融政策の現状維持を決定。ドラギECB総裁が理事会後の記者会見で「ユーロ圏の成長は予想よりも早いペース」などと述べたことで、ユーロ圏経済の先行きに楽観的な見方が広がったことから、対ドルを中心にユーロ買いが進んだものの、一時的だった。
 米労働省が朝方発表した最新週の新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比2万1000件増の23万1000件と、市場予想(ロイター通信調べ)の22万件を上回ったが、市場の反応は限定的だった。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.2380〜2390ドル(前日午後5時は1.2406〜2416ドル)、対円では同131円50〜60銭(同131円61〜71銭)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!